忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/15 13:13 】 |
英語表現:複数の「すみません」表現?
今日の英語表現は、

========================
(二人以上の)すみません
========================

です。

これを英語では、

Excuse us.

と表現します。

読んでみれば、単純明快で、Excuse me の me
が複数形になった、というそれだけの話ですね。

問題は、実際の日常シーンで使えるか、です。

ついつい、

Excuse me.

と言ってしまいそうですが、

家族や友達と一緒にいる時、道をあけて欲しい時や
一斉にエレベーターを降りる時などは、

Excuse us.
「私たち降りまーす」

となります。

英語を母語で使うような人たちにとっては、
使用頻度が高い表現パターンですね。


▼応用編:

同じように、レストランなどで注文する時も、

I'll have~

Can I have~

ではなく、

We'll have~

Can we have~

と言えるようにしておくといいですね。

ウエイターさんを呼び止める時は、

「すみません」という意味で、

Excuse me.

または、

Would you excuse me a minute?

と言っておいてから、

We'll have~

Can we have~

と言えるように普段からトレーニングしておくといいですね。

簡単な英語表現ほど使用頻度は高く、
便利な表現である。

これは是非、覚えておいてくださいね!

それでは、また次回!

追伸
お知らせです。

1つ目:
28日間で、リスニング力を強制的に伸ばす企画が
スタートしました。

これ全部、実話です。

28日間で発音力を伸ばす企画


2つ目:
お友達の複眼的英語ブログです。

英語表現、海外情報など、参考になりますので、紹介しますね。

“複眼的”英語ブログ
PR
【2012/10/30 09:20 】 | 英会話
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>