忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/15 13:16 】 |
ネイティブ英語:~してあげる時、お願いする時の英語フレーズ、


2つお知らせです。

続きは、追伸にて。


今日の表現は、

============
~してあげる
============

です。

最初に言いたいことは、

英語において、小難しい構文を覚えるのは、受験勉強だけでいい、

ということです。

英会話はなるべく簡単な表現を覚え、様々なシチュエーションで使えるようにする。

基本的には、これだけなのです。

今回の表現、

「~してあげる」

これを英語では、

I'll~

といいます。


~しておく、
~します、


も全部、I'll~ですね。

『I'll+動詞』

のパターンです。

準備をしている人に対して、

「待ってるね」は、

I'll wait.
I'll wait for you.

ですね。

他にも、電話しておくね、であれば

I'll call him,

して“あげる”を強調したいのであれば後ろに、

for you.を付け足せばOKです。


▼応用編:

「~してあげる」の応用、

「~してくれる?」は、

Will you? ではなくて(通じなくもないです)、

Would you?

です。

これだけで、お互いが状況をわかっている状態で使えば、

「ちょっとお願いできますか?」

となります。

例えば、両手がふさがっていて、ドアを
開けることができない場合、などですね。

2語でお願いできるシンプルな表現ですので、
これも覚えておくと便利です。

追伸
2つお知らせです。

1つ目:
28日間で、リスニング力を強制的に伸ばす企画が
スタートしました。

全部、実話です。

28日間で発音力を伸ばす企画


2つ目:
お友達の複眼的英語ブログです。

英語表現、海外情報など、参考になりますので、紹介しますね。

“複眼的”英語ブログ
PR
【2012/08/25 11:14 】 | 英語リスニング
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>