忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/25 11:21 】 |
【英語コラム】英会話力を伸ばすコツは?

1月14日までの公開です↓

-----------------------------------------
◆14日間の最新の英語トレーニングプログラム(無料):
TOMO'S BOOT CAMP
-----------------------------------------


受験生であれば見た瞬間にピンと来る
かもしれませんが、

今回は、out of orderとbrokenの使い方、
英語ニュアンスについて話します。

もちろん、日常英会話では
頻繁に使われる英語表現です。

試しに次の日本語をout of order、
またはbrokenを使って英語にしてください。


“その時計、壊れてるよ”


=====
解 説
=====


● The watch is broken.

● The watch is out of order.

このどちらかになると思いますが、

brokenもout of orderもどちらも

『故障している』

という状態を表現する便利な英語表現ですが、
使う状況、ニュアンスは違います。

==============
英語ニュアンス
==============

breakが持つ基本的な意味、英語ニュアンスは、

外部から何かしらの力を加えて、2つ以上に分散させることですが、
(紙をビリっと破るあの感じです。)

brokenは、

●比較的小さな物が故障している状態を表します。
(骨を折った時もbrokenで表現します。)


一方、out of orderは、

「順番や秩序からはずれる」と辞書に書いてありますが、

エレベーターや、公衆電話など、『公共のもの』
が故障していることを表す決まり文句なんですね。


なので、時計が壊れているという場合は、

The watch is out of order.とは言わないわけです。

もし、The watch is out of order.と言った場合、

イメージするとしたら、

学校や駅などにある巨大な時計かなー、と想像してしまうわけです。

英単語も、英文法も日常英会話にしても、

筋肉と同じで、繰り返し「同じ情報」を脳にインプットすることで、
記憶の質は必ず向上します。

第二言語を習得した人が第三言語を習得するのに掛かる時間は
第二言語の時よりも短いというのは、こういう理屈です。

言語を覚える回路、記憶をする回路、使えば使うほど強くなります。

学生時代は、あんなに覚えられたのに、と言う前にまずは記憶する作業を増やしてみることです。

あなたの英語力、リスニング力の上達に役立てば幸いです。


90日で英語力を伸ばす方法(携帯版)

>>パイロットが教える英語上達メールセミナー<<

募集人数に達した時点で終了します。

※注:PCからご覧頂いている方は、

英語上達メールセミナー(PC版)

を参考にして見てください。

■英語ブログ
パイロットが教える90日英語上達ブログ

パイロットが教える英語勉強、英語勉強ブログ





PR
【2011/01/11 06:11 】 | 英語リスニング
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>